エントーシスリンク

Updated

 

 

エントーシスリンクは領有権管理設備、ステーションサービス、司令部等をハッキングし、領有宙域を占領したり防衛を可能とするハイスロットモジュールです。モジュールは領有戦争にて使用することを前提としていますが、他のシチュエーションにも使用することができます。他の効果はプレイヤーの手によって見つけられていくでしょう。

 

バルネラビリティ・ウィンドウ時にエントーシスリンクを使用し、領有権管理設備やステーションを妨害することができます。これはアライアンスメンバーのみ使用することができます。しかしステーションサービスはアライアンスメンバーに関わらず、いつでも妨害することが可能です。モジュールの1回目の起動サイクルが終了した際には効果はありませんが、ステーション及びプレイヤーは自分の資産が脅威にさらされていることが通告されます。モジュールが2回目の起動サイクルを開始すると、エントーシスリンクは建造物の妨害を開始します。エントーシスリンクが建造物の妨害を完了するために必要な時間は、システムのアクティビティ・マルチプライヤによって決定します。アクティビティ・ディフェンス・マルチプライヤによってサイクル時間は変更されることは無く、必要とするサイクル数に影響します。

 

モジュールを起動させることによって武器フラグが発生し、Strontium Clathrates※ストロンチウム化合物がサイクル毎に1つ消費されます。モジュールが一度開始されると、サイクルが終わるまで停止することができません。また完全に停止されるまでクローク、ワープ、ジャンプ、ドッキング、カプセルに移行や他のプレイヤーからのサポートを受けることができません。

もしエントーシスリンクを使用している艦船が破壊された場合、進行の値は建造物に残ります。相手側はまず進行を押し返す必要があり、建造物を確保するための時間に加算されます。1つ以上のエントーシスリンクを使用することによって妨害を早めることはできません。またキャピタル級の艦船でエントーシスリンクが使用された場合、通常の5倍のサイクル時間がかかる仕組みとなっています。

 

エントーシスリンクは1回目の起動サイクル終了した側のみ進行することができるため、相手側が1回目のサイクルを終了しない限り進行を止めることはできません。もし両側が1回目の起動サイクルを終了している場合は、お互いが進行することができない状態となります。

Attachments

No Attachments with this Article
この記事は役に立ちましたか?
35人中32人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk