コマンドノードイベント

 

所有アライアンスの脆弱性ウィンドウ中にエントーシスリンクによる妨害を受けたストラクチャは、約48時間のレインフォースモードに入ります。レインフォースモードは、次回の脆弱性ウィンドウ中にランダムなタイミングで解除されます。解除された時点で、コマンドノードイベントが始まります。

イベントの仕組み

レインフォースモードに入ったストラクチャが存在するコンステレーション内のランダムなシステムに、まずは5つのコマンドノードが出現します。出現の確立は、システムの領有権の所有者に関係なく共通です。これらのノードはストラクチャと同様にエントーシスリンクを使って占領することが可能で、ノードを1つ占領するたびに、コンステレーション全域を舞台としたレインフォースモードに入ったストラクチャの支配権を巡る勢力争いの進行状況が5%増加します。

コマンドノードの場所はどこですか?

コマンドノードはオーバービューで視認することが可能で、認識しやすいよう関連するストラクチャに因んだ名称になります。イベントが進むと5個以上のノードが出現する可能性があり、また、どちらからの勢力がノードを占領すると、その直後に新たなノードが1つ、当該コンステレーション内の別の場所に出現します。コマンドノードはシステム1つにつき最大5個、コンステレーション全体では最大20個出現します。2個以上の領有権ストラクチャのレインフォースモードが立て続けに解除される状況では、複数のコマンドノードイベントが同時に発生することになります。それぞれのイベントは独立して進行し、ノードを占領したとしても、違うイベントのノードへの影響はありません。

防衛側に有利な点はありますか?

レインフォースモードのストラクチャの所有者がいる場合はその勢力が防衛側とみなされ、反対に、当該アライアンス以外の全員が攻撃側とみなされます。アライアンス外のプレイヤーは、攻撃側への加勢になってしまうので、エントーシスリンクを使ってストラクチャの防衛を手伝うことはできません。また、関連するノードそれぞれに適用されるアクティビティ防衛乗数は、ノードの存在する場所に関係なく、ストラクチャが存在しているシステムの値が適用されます。

イベントはどれぐらい続きますか?

コマンドノードイベントにタイムリミットは存在せず、ストラクチャを巡る戦いは勝者が決まるまで続きます。イベントがサーバーのダウンタイムをまたいだ場合、進行状況はサーバーがダウンした時点のものが保持され、サーバーがオンラインに戻ったら通常通りに再開します。イベントが終了すると、残っているコマンドノードは消失します。

勝者が決まった後はどうなりますか?

防衛側が勝った場合、ストラクチャは次回の脆弱性ウィンドウまで確保状態になります。

攻撃側が領域支配用ユニットやインフラストラクチャハブを巡るイベントで勝った場合、当該ストラクチャは爆発し、新しいものを配置できるようになります。この際、配置者に制限はありません。

この記事は役に立ちましたか?
15人中9人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください