既知の、公表済みのシステム悪用行為

免責事項

 

本記事では、未修整のシステムの悪用行為の公表についてまとめるとともに、一般にシステムの悪用であると誤解されているものの、実際にはそうではない特定の行為について取り上げます。

 

このリストはEVE Onlineにおける全ての禁止行為を網羅しているわけではありません。以下にまとめられているのは、既に公表されているシステムの悪用行為のみであることにご注意ください。

 

未知のシステム悪用行為を発見した場合は、サポートチケットの「システムの悪用」カテゴリから直接ご報告ください。また、システムの悪用は、EVE Onlineのサービス規約に記載されている処罰の対象になることをくれぐれも忘れないでください。

 

自身が利益を得るため、ゲームエラーの悪用方法を公表したり、ゲームの機能を正しくないものであるように見せかける行為は、それが実際のエラーであるかどうかに関係なく、システム悪用行為と同様に扱われることにご注意ください。本来とは異なるゲームの挙動は、全て、直ちに通報してください。

 

公表済みのシステムの悪用行為

 

このページには、まだ修正されていない、公表済みのシステムの悪用行為が全て記載されています。過去にシステムの悪用行為として公表されていた多くのバグは現時点で修正されており、したがって、以下の表には含まれていません。

 

表示されているリンクから、システムの悪用行為に関する過去の通知に直接移動することができます。

 

通知

説明

メモ

システム悪用に対する通知 - CONCORDの対応を遅れさせる

GM Grimmiによるシステム悪用に関する通知

CONCORDの対応を遅らせる、あるいは完全に回避する。犯罪行為を行ったうえで、CONCORDの対応を通常以上に遅らせる。

通例、無人の艦船あるいはドローンを宙域に放置し、CONCORDの注意を攻撃者から逸らす行為を伴います。このシステムの悪用行為はドローンや艦船だけに限定されず、CONCORDの対応を遅らせるために使われるあらゆるアイテムや方法に適用されます。

犯罪行為を行ったうえで、CONCORDが艦船を撃墜することを阻止した場合、方法を問わずシステムの悪用行為とみなされます。

スターベースのフォースフィールド内にサイノシュラルフィールドを配置することは、システムの悪用行為です!

POSフォースフィールド内にアクティブなサイノシュラルフィールドを配置する。

サイノシュラルフィールド・ジェネレーターをアクティブにすると、ジェネレーターを使用しているパイロットの移動を制限され、襲われやすい状態になります。したがって、サイノシュラルフィールドを生成中にフォースフィールド内に侵入、あるいは実質的に無敵(もしくは接触不能)状態になる行為はシステムの悪用とみなされます。

システムの悪用に対する通知の説明 - スターベースフォースフィールドからの艦船の押し出し

 

システムの悪用に対する通知 - スターベースフォースフィールドからの艦船の押し出し

 

システムの悪用「POSボーリング」

POSへのアクセスなしに艦船をフォースフィールドから押し出す。

スターベースフォースフィールドの安全な領域から艦船を押し出すいかなる方策も、実行者が該当フォースフィールドへのアクセス権を持っていない場合、システムを悪用する行為です。

ドローンによるシステム悪用の警告!

POSフォースフィールド内からドローンや艦載戦闘機を使用する

スターベースフォースフィールドに守られた状態でドローンや艦載戦闘機を操作するいかなる方策も、システムを悪用する行為です。

システムの悪用に対する通知

アクセラレーションゲートの艦船制限をかいくぐる。

アクセラレーションゲートの艦船制限をかいくぐって複合施設に進入することは、いかなる方策もシステムを悪用する行為です。本通知では、具体的に国家間戦争の複合施設を指していますが、この定義はアクセラレーションゲートが存在するすべてのサイトに適用されます。

ISKを現金で購入する行為は禁止されています!

ゲーム内資産やISKを、現金で購入する行為は禁止されています

現実の金銭の交換は禁止されています。

ミニスキルインジェクターの譲渡やファーミングは許可されていません

ミニスキルインジェクターの譲渡やファーミングは全て禁止されています。

ミニスキルインジェクターは、新規プレイヤー経験期間中に新規キャラクターが受け取って使用することのみを想定しています。

T2オリジナル設計図の作成

能力を問わず、新しいT2オリジナル設計図の作成は許可されていません。

現在通常のゲームの仕組みでは、新しいT2オリジナル設計図の作成は行えないことになっています。

スキルの『ゴーストトレーニング』

アカウントがアルファクローンの状態で、オメガクローンのスキルの倍速トレーニング能力を手に入れることは許可されていません。

アルファクローン状態のアカウントに比べて2倍の速度でスキルトレーニングを行えるのは、オメガクローン状態のアカウントの特権です。オメガクローンの倍速トレーニングスピードをアルファ状態で維持することは、いかなる方法においても許可されていません。

ワームホールの発生妨害

ワームホールが出現すべき状況でそれを妨害する行為は、方法を問わず許可されていません。

ワームホールの出現をブロックする全ての方法は、システムの悪用とみなされます。

シーカー調査現場のグリッド内でESSを配置する

対戦監視システム(ESS)を、シーカー調査現場と同じグリッド内に配置することができなくなりました。

 

 

システムの悪用に関するよくある誤解

 

この箇所では、システムの悪用であると誤解されて通報を受けることが多いものの、実際にはそうではない戦略や、その他プレイヤーの行為を記載しています。

 

システム悪用ではない行為

説明

ログオフトラップ

プレイヤーは都合の良いタイミングでゲームから自由にログアウト、ログインできます。

 

ログインすることでターゲットを驚かせることは、システムの悪用行為とはみなされません。

グリッドの操作

グリッドを拡大し、オーバービュー上で閲覧できる情報を増やす行為。

AFKクローキング

通常はクローク状態で、ほとんど何もせず長時間システムに滞在しているプレイヤー。

MWDクロークワープ

遮蔽装置を使用している状態でマイクロワープドライブモジュールを1サイクル分加速し、クローク解除の直後にワープする行為。

艦船での体当たり

他のプレイヤーの艦船に搭乗艦をぶつけ、ワープを妨害する行為。

スターゲートでのワープ妨害フィールド

スターゲートの背後にワープ妨害フィールドを戦略的に配置し、プレイヤーをバブルに引きずり込むことは、システムの悪用行為ではありません。

絶え間のない宣戦布告

宣戦布告には、コーポレーションの全てのプレイヤーが影響を受けるリスクがあり、いかなる状況においてもハラスメントとみなされることはありません。紛争は基本的にはNPCコーポレーションに留まることで完全に回避できます。

艦船テキストで常に全てのブラケットを表示する

このフォーラムの投稿で示したように、各ブラケットの隣に常に艦船のタイプを表示することは可能です。しかしながら、この機能は公式にサポートされているものではなく、クライアントの予期せぬ挙動を招く場合があります。自己責任でご利用ください。

 

  

この記事は役に立ちましたか?
489人中389人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください