キルレポートのヒットポイントと有効なヒットポイント

艦船の実効ヒットポイントと、キルレポートで通知される被ダメージ量が違うという経験をしたことがあるかもしれません。実効ヒットポイントは、艦船の様々なレジスタンスを考慮に入れた上で艦船に与える必要があるダメージの推測値です。一方キルレポートに表示されるのは、レジスタンスを反映したダメージ量です。

例えば、ヒットポイント200でレジスタンスが80%の艦船があったとします。1発あたり100ダメージの攻撃の場合、破壊するのに10回の攻撃が必要です(100ダメージ*レジスタンス80%=艦船に適用される実効ダメージ20)。つまり、この艦船の実効ヒットポイントは1000(ヒットポイントを0にするのに必要なダメージ量)ということになります。一方、キルレポートに表示されるのは200ダメージのみで、これはレジスタンスを反映後に艦船が受けた実効ダメージです。 

十分なダメージを受けていないのに艦船が破壊されたように見えるのは、以上の理由からです。

 

この記事は役に立ちましたか?
18人中14人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください