コーポレーションのプロジェクト

コーポレーションプロジェクトを使えば、経営陣はコーポレーションのメンバーが従事し、見返りに報酬を得ることができるタスクを作成できます。

コーポレーションのCEOとディレクターはプロジェクト作成ツールにアクセス可能で、最大100プロジェクトを作成し、稼働させることができます。また、CEOとディレクターは専用タブにもアクセス可能で、稼働中のプロジェクトの目標に対するメンバー個々人の進捗を確認できるほか、完了したプロジェクトについては各自がどれだけ貢献したのかを把握できます。

 

コーポレーションプロジェクトを確認/作成する手順は以下の通りです:

  1. NeoComを開いてください
  2. 『ソーシャル』セクションにマウスを移動させてください
  3. 『コーポレーション』をクリックしてください
  4. コーポレーションロゴのすぐ下にある『プロジェクト』をクリックしてください

  • プロジェクトは以下の種類を利用できます: 
    1. 手動 - 自由に設定可能なプロジェクトです。カスタマイズ性に優れ、どんな目標にも使えますが、進捗の把握は手動で行う必要があります。 
    2. アイテム配送 - 買取プログラムから大規模な製造ジョブを行うための資源収集まで、コーポレーションはあらゆる目的で自社にアイテムを届ける業務にメンバーを従事させることができます。 
    3. 非カプセラを撃破 - 非カプセラ(特定のソーラーシステムを設定することも可能)を撃破することで貢献できるプロジェクトです。 
    4. カプセラにダメージ - メンバーがPvPにおいて、別のプレイヤーにダメージを与えることで貢献できるプロジェクトです。ダメージが条件であるため、とどめの一撃を与えなくても貢献を認められ、報酬を得ることができます。 
    5. 鉱物採掘 - 例えば産業指数を上げることなどを目的として、特定のソーラーシステムにおける採掘活動を奨励することができるプロジェクトです。 

貢献者は、目標が未達成でも任意で報酬を受け取ることができます。オポチュニティーズウィンドウを開いて報酬を獲得し、活躍に応じたISKを受け取りましょう。

ステーションかアップウェルストラクチャにオフィスを持っているコーポレーションは、プロジェクトと呼ばれる新たなハンガーを利用可能です。このハンガーは、アイテム配送プロジェクトを進めるために必要なアイテムの届け先となりますが、他のコーポレーションハンガーと異なる点としてアクセス権限のカスタマイズを行えず、自由にアクセスできるのは当該コーポレーションのCEOとディレクターのみで、それ以外のメンバーはアイテムを届けることしかできません。 

この記事は役に立ちましたか?
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください