プロファイル

プロファイルで、他のプレイヤーがストラクチャのどんなサービスを利用できるかを決めることができます。プロファイルが他のプレイヤーがどのサービスを利用できるかを管理する一方、アクセスリストはどのプレイヤーがサービスにアクセスできるかを規定するものです。デフォルトのプロファイルでは、所有コーポレーションのメンバーであれば全てのサービスにアクセスできるようになっており、プロファイルかアクセスリストが未作成の場合、このプロファイルが常に有効になります。

アップウェルストラクチャを係留する場合、係留プロセスの最中に必ずプロファイルを設定する必要があります。ストラクチャが使用するプロファイルは、所有コーポレーションのメンバーであればいつでも変更、編集可能ですが、これにはステーションマネージャーかディレクター、あるいはCEOの役職が必要です。

プロファイルはNeoComのストラクチャブラウザを通じてか、ESCで開けるゲームオプションの『ショートカット』タブ内にショートカットを設定することでアクセスできます。

Structure_Browser.PNG

新しいプロファイルは、『ストラクチャブラウザ』ウィンドウの『所有ストラクチャ』タブにある『新しいプロファイル』ボタンを使って作成できます。

NewProfile_EN-US.png

プロファイル設定では、1つ以上のアクセスリストを各サービスに個別に割り当てられます。これにより、アクセスリストのメンバーは各サービスを記載のレートで利用できるようになります。

ProfileSettings_EN-US.png

各プロファイルは複数のストラクチャに割り当てることができ、プロファイルに加えた変更は、それを使用している全てのストラクチャに影響を与えます。ストラクチャブラウザの『ストラクチャ』タブ内の異なるプロファイルを右クリックし、右クリックメニューから『プロファイルをセット』を選択することで、ストラクチャが使用するプロファイルを設定できます。

同じサービスが持っている複数のアクセスリストのメンバーになっているキャラクターには、最小単位の設定のアクセスリストが適用されます。概要についてはアクセスリストでご説明しています。同様に、キャラクターが同じサービスに対し、あるアクセスリストではブロックされているのに別のリストでは明確に許可されている場合、両者が同じレベルであれば、アクセスを許可する設定がブロックする設定より優先されます。

例: 

あるコーポレーションがアクセスリストAでストラクチャへの入港を許可されているが、同じ入港サービスに割り当てられているアクセスリストBにおいて、そのコーポレーション所属のキャラクターが何らかの理由でブロックされている場合、キャラクターは、このプロファイルを使っているストラクチャへの入港を拒否されます。しかし、キャラクターがアクセスリストAのメンバーとして明確に加えられた場合、当該キャラクターのアクセスレベルが上がり、アクセスリストBのブロック設定より優先されるようになるため、入港が可能になります。

この記事は役に立ちましたか?
34人中15人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください