フリーポートモード

Updated

 

もしステーションまたはアウトポストの所有者がコマンドノードイベントに負けた場合、リインフォースモードに突入し、48時間の間フリーポートモードに変更します。コーポレーションはステーションの所有者ではなくなり、誰でもドッキング費用を払うことなくサービスを使用することができるようになります。この間プレイヤーはステーションの設定を変更することはできず、コーポレーションに対して手数料や税金は支払われることはありません。ステーションのフリーポートモードの終了時間はシステムの情報パネルにて確認することができます。

48時間経過後、2つ目のコマンドノードイベントが開始します。しかしコーポレーションの所有者がいないため、コマンドノードに対してアクティビティ・ディフェンス・マルチプライヤが全く適用されていない状態となります。また通常の攻撃側・防衛側という勢力がないため、多くの勢力やアライアンスが競争に参加することができます。1つのアライアンスしかノードを占領することはできず、一つ一つの獲得が大きな綱引きの競争に加算されていきます。

ステーションは2つ目のコマンドノードイベントが終了するまで、フリーポートモードが継続されます。イベントを勝利したコーポレーションがステーションの新しい所有者となり、次のバルネラビリティ・ウィンドウまでステーションを攻撃することはできなくなります。

スターマップにはフリーポートモードのフィルターが存在します。「色分け」 (Color by)> 「領有権」(Sovereignty) > 「フリーポートステーション」(Freeport Stations)。

Attachments

No Attachments with this Article
この記事は役に立ちましたか?
24人中20人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk