2段階認証 と オーセンティケータ

Updated

アカウントのセキュリティを強化させるために、我々は2段階認証のオプションを設けています。アカウントに対して2段階認証が設定されている場合、アカウント名とパスワードの入力後、メールまたはオーセンティケータに表示されるワンタイムコードが必要となります。

 

2段階認証の設定方法

2段階認証をアカウントに設定する場合、まずアカウントのメールアドレスの認証を終了しておく必要があります。メールアドレスの認証後、アカウント管理画面の「アカウント」タブより 「2段階認証の設定」を選択することにより2段階認証を設定することができます。

まず「2段階認証の設定」ページに表示される説明をもとに設定を行ってください。メール認証の設定を完了することによって、アカウントにおけるオーセンティケータアプリの利用も設定することができるようになります。オーセンティケータの設定を一度行うと、メールによってコードを希望されない限り、オーセンティケータアプリによってコードが表示されます。

 

2段階認証を使用してログイン

2段階認証はログインするために追加手順が設けられ、アカウントに登録されているメールアドレスまたはオーセンティケータに表示されるコードを入力する必要があります。

 

またログイン時チェックボックスに表示される「Don’t ask for codes again on this computer」をチェックしログインすることにより、次回より同じコンピューターでは認証を行うことなくログインすることができるようになります。この設定はブラウザのクッキー情報に保存されるため、ブラウザの設定によっては毎回コードを入力する必要もあります。

 

2段階認証の解除

もしメールまたはオーセンティケータを今後アカウントで必要とされない場合は、アカウント管理画面の「2段階認証の設定」より「無効」ボタンを選択ください。

Attachments

No Attachments with this Article
この記事は役に立ちましたか?
76人中23人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk